読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

11/9 Berryz工房 味の素スタジアム マラソンでのイベント

 行ってきました。

 メンバーたちはずいぶん早くから登場していたらしいのですが、自分はこのイベントの翌日が締め切りであったイラコンの絵をだらだらと描いていたら、メンバーの登場や準備体操、スタートの号砲(夏焼さんが撃った)には遅れてしまいました。
 遠くから蟻ん子のようなメンバーを観ることしかできないものだとおもっていたら、ずいぶん距離が近く見放題だったようで泣きそうになりました。
 号砲が終わったのとほぼ同時に席につき、ライブを待ちました。待っている間は何もすることがなかったです。
 メンバー(徳永さん、夏焼さん、菅谷さん)が屋台で買い物をし、さらには客席のスタンド上部に現れて客を煽ったり写真を撮ったりしていたそうですが、まったく気づきませんでした。
 そういったこともあって、徳永さんに会いたい、なんで会えないのか、こんなに好きなのになんで自分の隣に徳永さんはいないのだろうか、と、ほとんど泣きそうになりながら、普段の3倍ほどのガチ恋感情を募らせていました。
 スタジアムではビールなども売られていたのですが、高かったのでコンビニへ行って日本酒と焼き鳥を買ってきて飲んでいると、酔いが回るにつれ徳永さんへの恋心がどんどん辛い方向へ辛い方向へと募ってゆき、いざステージに登場すると泣いてしまうのではないだろうか?と思いました。

 がいざステージに出てきた徳永さんの姿をみると、もうその瞬間悲しい思いはなくなり、ただ自然とニコニコ笑顔になってしまいました。これも徳永さんの人徳です。徳がひっかかっただじゃれです。

 セトリ
 ハピネス幸福歓迎
 雄叫びボーイ WAO!
 もっとずっと一緒にいたかった
 アジアンセレブレイション
 ライバル
 友達は友達なんだ
 付き合ってるのに片思い
 cha cha Sing

 ただ楽しかったです。双眼鏡で徳永さんのかわいいお顔を眺めたり振り付けを踊ったりしていました。

 ライブ後もじっと待っていると、メンバーによる表彰式もありました。
 入賞者に讃えの言葉を上げるべくしてマイクに向かった嗣永さんでしたが、マイクの位置が彼女にはたかすぎたため、ぴょこんとあごを突き上げるようにしてマイクに臨んだ姿がグロキャワでした。
 また、菅谷さんが表彰など心底どうでもよい、寒い、寒い、というのをまったく隠そうともせずに、適当に表彰の盾と記念品を渡していたのも、とてもよかったです。これには表彰されていた人々も思わず笑っていました。菅谷さんの人徳です。こんどは何にもかかっていません。