読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『アナと雪の女王』から”We know better”(カットされたシーンの曲)歌詞翻訳

We know better 「そんなばかじゃない」 歌詞訳

 

まずタイトルの補足説明をいたします。

know better”は直訳で「より知っている」となります。がたぶん通例know betterだけで見る、ないし聞くより、「know better than to 動詞」という形で使われるフレーズで、「(動詞)をするほどばかじゃない」といった意味になります。

さらには、「You should know better than to 動詞」といった形になると、「あなたは(動詞)なんてするほど馬鹿じゃないわよね?」と言い聞かせるフレーズになり、これは特に子供をしつける際などによくあらわれる文句であるようにおもいます。

つまり、以下の歌詞を読んでいただければわかるのですが、やんちゃなエルサ(とアナ)はおそらく、お姫さまとして、周りの人々に「You should know better : そんなばかなことしちゃいけない」としつけられてきています。しかし、まさにそのフレーズを簒奪し、意味を逆転させて、わたしたちはそんな無味乾燥なしつけより「We know better : もっとよく物事をわかってる」と歌ってみせているわけです。

 

これは二人の子供時代、雪だるまを幸せに作っていたころの曲です。


We know better HD - YouTube

上動画、曲に、おそらく設定資料集(自分はまだ入手できておりません…)から、該当箇所のイラストを割り振ってあって、とてもよくわかりやすいです。

では以下歌詞です。

 

 

 

(赤ん坊(アナ)の泣き声)

エルサ:

こんにちはかわいい赤ちゃん わたしとおんなじお姫さまね

でもあなたはお姫さまってすごくすてきなものかもと思ってるかな

すぐにわかるけど、みんなあなたにたくさんのことを期待するのよ

お姫さまがやるべきこと、やっちゃいけないことってのがあるんだってみんな言うわ

(赤ちゃんの泣き声)…でもあなたとわたし、わたしたちは、もっとわかってる

 

エルサ:「…雪だるま作ろう…?」

 

アナとエルサ2人:(子供が「せっせっせーのよいよいよい」などの手遊びをやるときに決まった文句を早口で言う感じで、手を叩きあうような音が入っている)

1,2,3、いっしょに 拍手して指を弾いていっしょに

あなたとわたしいっしょに ひざ(ニーズ)もいっしょに 止まって(フリーズ)っしょ

上に下にいっしょに お姫さまのかんむりもいっしょに

いっつもいっしょに あなたとわたし!

 

エルサ:

お姫さまは魅力と気品にあふれてなくちゃってみんな言うわ

お姫さまは自分の居場所をいっつもわきまえてるって

お姫さまはピンクでフリフリのドレスを着るんだってみんな言うわ

お姫さまはゲラゲラ笑わないし鼻から牛乳を出さないって

お姫さまはおしとやかで お姫さまは優しくって

自分の意見はそっと静かにしておいて ばあやのお尻を凍らせたりなんてしないって

 

2人:でもあなたとわたし、わたしたち、わたしたちは、もっとわかってる

 

乳母:

まったくあなたたちはいっつも悪さばっかりして! お父様に言いつけますよ!

アナ:

なんでお姉ちゃんにはできてわたしには(魔法が)できないのかなあ

エルサ:

わかんないわ アナにもできたらいいんだけど…

 

アナ:お姫さまはむちゃめちゃ優しいんだってみんな言うの

エルサ:ケンカもしないし汗もかかないって

2人:食べるところもけっして見せないんだって!(ゲップ)

アナ:木登りしたり膝をポリポリかかないってみんな言うの

エルサ:お姫さまは先生の紅茶を凍らせたりもしないってみんな言うわ

アナ:おしとやかで

エルサ:感じがよくって

2人:パンツのこととか喋っちゃいけないって!

アナ:それに外の世界がどんなのかって思ったりもしないって…

 

2人:

でもあなたとわたし、わたしたちは自分たちのでっかい考えがあるの

いつかわたしたちが大きくなったらどうするかって

 

エルサ:わたしが女王になって

アナ:わたしはその右腕

エルサ:アナはついに旅に出るの

2人:国のぜんぶをまわって

アナ:みんなにお姉ちゃんのこと お姉ちゃんができる魔法のことを話すの

エルサ:やさしくみんなの面倒をみて、みんな好きになるわ

2人:あなたとわたしのことを

 

2人:

だれもわたしたちにお姫さまはどうすべきだなんて言えないわ

わたしたちが二人でいっしょにいるかぎり

あなたとわたしが